ダイニチ・コーポレーションの「サンサンスポンジ」が人気だと知り、早速通販で購入しました。

 

 

私もそうだったのですが、「泡立ちや硬さ」に興味がある方が多いようです。実際に、毎日キッチンで使いモノなので、できるだけ使い勝手がいいスポンジのがいいですものね。

 

 

そこで今回は、実際に私が購入してみたサンサンスポンジの写真を公開しつつ、使ってみた感想を紹介したいと思います。

 

 

たかが、スポンジ。されどスポンジです。商品購入迷ってる方の事前リサーチに活用ください^^

サンサンスポンジの口コミ・評判について

↓私が購入したのはこちらの商品「サンサンスポンジ4個セット」です。硬さは鉄板、売れ筋のノーマルを選びました。

 

 

 

実は、スポンジはここ数年、超ロングセラーの「キクロン」を使っていました。それまでは、100円均一の商品を使い捨て?的に購入していたのですが、夫から「ある程度、固くてへたらないスポンジの方が使いやすい」と指摘があったからです。

 

 

固くてへたらないスポンジがいい理由としては

・握る時に力をいれなくてすむ

・スポンジの角の鋭角部分をなぞるようにつかえば細かい部分も綺麗になる

 

 

からだそうです。私のように、なんでもかんでもゴシゴシこすっちゃう系だと疲れるばっかりとのこと。

 

 

夫曰く、「もっと値段してもいいから、使い勝手のいいスポンジにした方がいいよ(早く綺麗になるよ)」といわれて、ちょっとお値段するスポンジを選んだという経緯があります。

 

 

サンサンスポンジはインスタでスポンジなのにスタイリッシュ!と、注目あびていて、私も最初はデザインからはいりましたが、口コミをチェックしてみると

 

・泡立ちがいい

・へたりにくい

 

など、機能的にも評判が良かったんですね。なので、キクロンの代替えになるかなーとおもって、購入してみた次第です^^

 

 

▼ちなみに、こちらが私が参考にしたサンサンスポンジの口コミです。

>>ダイニチコーポレーションのサンサンスポンジのクチコミをチェックしてみる[楽天]

 

サンサンスポンジのレビュー

ちょうどスポンジの買い換え時だったので、チェックしてみて実際に注文してみました^^

 

購入したのはこちらのサイト⇒ダイニチコーポレーションさんの楽天ショップです。

 

注文日から到着の日数です。

 

  • 注文:2019年10月20日(日曜日)
  • 到着:2019年10月22日 (火曜日)

 

かなりスムーズでした。

 

サンサンスポンジの到着から開封

↓こちら到着の宅急便。思いのほか薄くて驚きです。

 

 

↓こちら内容物です。

 

中にはいっていたのは、

・サンサンスポンジ ノーマル 4個

・取扱説明書(サンサンスポンジQ&A)

・納品書(注文明細書)

の4点です。特にチラシなどははいっていません。

 

スポンジ4つは、くっついており、切り離してつかいます。キッチリパッキンされていて、もうペラペラ!

 

サンサンスポンジQ&Aに書いてあったこと

色々と、親切にサンサンスポンジに関することが書いてありましたが、一部ピックアップしますね。

 

・素材・・・・高級特殊ポリウレタン(軟質ポリウレタン系)

・お手入れ・・・漂白剤やネットは使用しない(耐久性が下がるため)

・交換の目安・・・・個人差があるが、四人家族だと1年。反発性や汚れも目立つようになるので、約半年での交換がおすすめ。

 

古くなってたスポンジは、洗面所やお風呂掃除などに、格下げ?して再利用をされる方が多いそうです。

 

そこまで使い倒せば、確かに節約になりますね。

 

サンサンスポンジの素材の状態

↓これ全体の形状です。右が類似製品で、右がサンサンスポンジです。スポンジの穴?というか素材の密度が違いますよね?

 

この、穴?の中に洗剤がはいりこんで、泡立ちが効率よくなるのだと、推測します。ちなみに右はセリアの類似商品。スポンジの素材の穴が違いますよね?

 

サンサンスポンジを使ってみた感想

見た目は、見たとおり文句なし。写真と差ほど色味も違いません。ですが、ビックリするほど、ぺっちゃんこで届きますよ。

 

後、触った感触としては、ノーマルタイプなんですが「柔らかい感触」です。ただ、跳ね返す力はかなりあるので、ギュッとにぎっても反発力はかなりあります。

 

 

これは、スポンジの素材なのだと。

 

 

例えば、キクロンや激落ちくんなどの、みため「密」になっている素材だと、スポンジ自体の密度があるので、握るのにも力がいりますし、逆に、握ったスポンジが元に戻ろうとする力もかなり感じます。これが、「硬い」といわれるスポンジの傾向だと思うのですが、サンサンスポンジは違うんですよね (´ε`;)ウーン…

 

 

握るのには、差ほど力がいらない(柔らかく感じる)んですが、結構、元に戻ろうとする反発は感じるんですよ。

 

 

なので、なんども「ぎゅっ、ぎゅっ」と握って、泡立てやすいのだとおもいます。あと、写真をみていただくとわかると思いますが、穴も大きいので、効率よく泡立てできるのだと・・・これを柔らかいと感じるか、硬いと表現するかは、本当に微妙なところで、難しいのです。

 

 

あと、実際につかってみたんですが、ゴシゴシこする系の使い方は向かないかもです。例えば、フライパンの焦げ付きをゴシゴシこするような使い方ですね。力をいれると、ギュッってなっちゃうんで、力が入れにくいです。これ、ハードタイプをチョイスしても、商品の特性上、使い勝手は、さほどかわらないのでは?と想像します。

 

 

どちらかというと、

・しっかりと、泡立てして、細かい部分まで泡を浸透させて洗う(部品とか?)

・食器を事前につけ置きして汚れをある程度とり、力をいれずスポンジを滑らすように洗う

 

という、使い方だと、かなり使えるスポンジだとおもいます。

 

▼関連記事▼

サンサンスポンジ種類や色は?ノーマルソフトの違いなど口コミ評判をご紹介

さいごに

あと、口コミで「水切れが良すぎて、洗剤使う量が増えた」というネガティブコメントがありました。

 

泡を使い回す?タイプの人だと感じる不満かもしれませんね。もう、30年ほど前ですが、実家の姉は、初めて就職した先で、「スポンジの泡はもったいないから絶対に流さない」と先輩から指導をうけしたらしいです。

 

ご家庭によって、スポンジの取扱に違いがありますので、泡をとっておく派の方にはサンサンスポンジは向かないですね。

 

私自身は、

・食器はつけ置き派

・スポンジはしっかりと水切りして収納

 

という使い方をしてるので、サンサンスポンジは使い勝手がいいスポンジでした。ただ、油汚れなどゴシゴシ使いたい時もあるのでそこだけネックかな、と感じています。穴にはいっちゃうんですよね。

 

スポンジを使い分けしている方なら、グラスのサッと洗いや、洗剤な洗い物などにおすすめですよ^^